わたし歩記-あるき-

*心理士を目指す写真家の学びの記録*

父の退院が決まりました

f:id:miyuki_sato:20210513160952j:plain

 

 前回の更新から気づけば1週間近く経っていました。今年度の大学の学びが軌道に乗り始めたのと、仔犬の世話に追われるのとで、1日があっと言う間に過ぎていきます。いまとにかくレポート課題がハードで、「書く」体力がそちらにぜんぶ持って行かれてしまうんでしょうね。ブログを書き切るだけの余力がなくて。でも余計なことをあまり考えずに集中できているのは良いことだなとも思っています。

 

 そんな中、今月の25日、年明け1月から入院をしていた父の退院が決まりました。父にとっておそらく人生で最もつらかった5カ月間だったと思うので、ひとまず「良かったね!」なのですが、正直手放しで喜んでも居られません。結局リハビリを続けてみたものの、下半身の痺れがとれない父は自力での歩行は難しく、これから車椅子生活を余儀なくされることとなりました。排泄処理も自分では不可能なため、介助が都度必要になります。今まで当たり前に出来ていたことが二度と出来ず、かつての当たり前が溢れている自宅に5カ月ぶりに戻るのです。入院していた時も辛く歯がゆい思いをたくさんしたでしょうけれど、それを日常空間でも今後受け入れていかなければならない悔しさ、苦しみ・・・。想像しただけで胸が痛みます。かといって、コロナ禍ですからすぐに飛んでいくこともできず、結局介護を母一人に負担させてしまう申し訳なさ。母がどこまで頑張れるのか分かりませんが、もし頑張ってみて無理な時は改めて介護施設などへの入所も視野に入れて考えないといけなくなるかも知れません。でもまあ、今は先のことはひとまずおいておくとして、退院したら父には自宅で好きなものを食べたり、他人の視線を浴びることでたまっている緊張を十分に解放し、休養して欲しいなと思っています。

 

f:id:miyuki_sato:20210513163006j:plain

 

 さてベルですが、先日10種混合ワクチンを終えました。この仔はとにかく怖いもの知らずと言うか度胸があると言うか、人見知りもしませんし、好奇心が旺盛です。先代のベルは子どものころから臆病で繊細過ぎる優しい仔だったので、その差に驚いています。どんだけでも遊べるのでこちらは毎回フラフラです。^^;

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^
さとうみゆき

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  

f:id:miyuki_sato:20210308151649j:plain

 

カメラのない感性のフォトレッスン
「miuの写真歳時記」への
ご登録はこちらから
↓  ↓  ↓

hanahiroinoniwa.hatenablog.com