わたし歩記-あるき-

*心理士を目指す写真家の学びの記録*

エッセイ

久しぶりにメルマガ発行しました

本日、久しぶりに^^; 「山」を表す季語のバリエーションを知ろう! と言うテーマでメルマガ 「miuの写真歳時記」を発行しました。 メルマガのスタンドを替えてから 特にgmailでご登録の方から、 メインのフォルダではなく、 「プロモーション」というフォ…

ようやく洗えたフリース

今日はちょっとだけ”不衛生”な話を書きます。 もしかすると、不愉快に思われる方がいらっしゃるかも知れませんので、”汚い”、”無理”とお感じになられましたら、画面を閉じてしまってくださいね。^^ いつものお布団の下に電気マットが敷いてあります 先週あ…

コラボフォトレッスン楽しく終了しました

昨日は「森のユカフェ」とコラボした~くにたち2つのフルコース~Vol.1楽しく終了しました^^ 実は久しぶりの対面レッスンだったこともあって、ちゃんと教えられるかな?^^;って、前日・・・いやいや、直前まで不安でした。 でも、蓋を開けてみれば、自…

あかはなそえじ先生のオンラインワークショップに参加しました

昨夜はミシュカの森主催の、こちらのオンラインワークショップに参加していました。 オンラインワークショップ~副島賢和先生に学ぶ感情の言語化 http://ptix.at/DG3WIh 副島賢和先生と言えば、2009年に日本テレビで放映され、大泉洋さんが主演を務めた『赤…

逆さまの世界

View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato)

「好きに」、「自由に」~~していいがトリガーになることがある

土曜日は、友人が主催した「ぬり絵の会」に参加してきました。昨今「大人のぬり絵」等がブームだったりしますが、わたし自身はこれまできっかけがなかっただけなのか、自分で率先して「ぬり絵をやってみよう!」とはならなかったので、今回〇十年ぶりのぬり…

善い情報はやはり善い人を介してやってくる

今週末から来月にかけては、またまた何気に楽しみな講座の予定が詰まっています。 で、この頃つくづく分かったことがあるのです。それは、「本当に上質で有意義な内容の講座というのは、アンダーグラウンドで、人から人へと伝わって、大仰な公募などはせずと…

支援の現場で吹く風

10月に入り、来年進みたいと思っている大学の研究機関の募集要項が公開となり、いまにわかに準備のための行動を始めています。 より専門的な領域での学びがしたいと言うのが筆頭理由ではあるのですが、いま、様々な学びを受けるなか、尊敬できる方たちに出逢…

調和をひとつくださいな

子どもの頃からずっと、自分の中に、数えきれないくらい別々の自分が、まるで入れ子状態のように入っており、都度都度現れては、「ねえ、あっちへいきたい!」「ねえ、こっちへいこうよ!」「やっぱり、これがしたい!」「ちがった!あれがしたい!」と暴れ…

秋光

森の中で なんだかたまらなく秋の光に出逢いたいなあ・・と思って森に行きました。道中、夏のような陽ざしでした。それでも、森に一歩足を踏み入れると、そこはひんやりとして、薄暗く、秋特有の、清らかで、それでいて、優しく、寄る辺ないような光がほわほ…

リベンジ・ドッグラン

昨日はベルを連れて、昭島にある小ぢんまりした無料のドッグランに行ってきました。 実は先週、夫がひとり昭和記念公園のドッグランにベルを連れていったのです。前回、必要な書類を忘れて中に入れなかったのがよほど悔しかったのでしょう。わたしは生憎その…

様々な支援のカタチ

この半年ほど、グリーフ・トラウマ、NPO法人etc、様々な領域における「支援のカタチ」を講座や現場視察などを通して学ばせてもらっています。 個人的に(わたし自身が歩んできた過程からもそう思うのですが)、それがどのような種類のものであれ、抱えてしま…

実家に帰省できることになりました!

View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato)

コロナ禍とは「薬抜き」期間だったのかも知れない

二度咲きの金木犀 一昨日あたりから、「一度散った金木犀がまた咲いてるんだけど・・」という会話をあちらこちらで耳にするようになりました。これが毎年のことならこれほど話題になることもないと思うので、どちらかといえば稀有なことなのでしょう。そんな…

トラウマ臨床はいま過渡期

この土日に少々ハイボリュームな講座を受講するにあたり、課題図書とそれに関連する図書を再度読み返していたここ数週間でした。 身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法 作者:べッセル・ヴァン・デア・コーク 紀伊國屋書店 Amaz…

駆け出したくなるあの想い

ご近所の農家さんに素晴らしい枝ぶりの柿の木があります。昨年、そこの柿を頂いたら甘くて瑞々しくて驚くほど美味しくて。出来たら今年は買わせていただいてでも、食べたいなあ・・なんて思っています。 柿の木と言えば、子どもの頃に住んでいた改築前の実家…

必要とされるために必要とされたい

「必要とされるために必要とされたい」 愛着障害を抱えている人の苦しみの土台は、この観念に尽きるのではないかと思うのです。 生まれたばかりの赤ちゃんは言葉がしゃべれませんから、泣くことで母親またはそれに代わる養育者に対して欲求を伝えます。 「お…

ちゃんと聴いてもらえてないってこんな感じなのか

hanahiroinoniwa.hatenablog.com 実は前回の記事には続きがあるのです。 2人目の胡散臭い営業マンの訪問を受けた後、わたしは市役所に電話を入れたのでした。市の方から巡回車や、市報等のアナログ媒体で、広く注意喚起を促してもらえたらなと思ったからです…

自己一致の大切さ

先週、立て続けに2回、胡散臭い訪問販売の営業マンが我が家を訪れました。ドアフォンの液晶画面越しにしか、その容姿を垣間見ていませんが、2人とも首からはIDカードらしきものをぶら下げ、ジャケットを羽織り、それなりの身なりをした男性と女性でした。…

コスモスと青空撮影は案外難しい

昭和記念公園のコスモスの丘 毎年この時期、昭和記念公園にコスモス撮影に行っているのですが、今年はいつもピンク色で覆われる丘が、レモンブライトでいっぱいになっています。 個人的にこの丘にはピンク色が一番似合うと思っていたので、一面の黄色に少し…

賛成して聴くということ

昨日は1年に渡るNHK学園での澤村直樹先生による傾聴講座の最終日、そして卒業式でした。これで晴れて“コミュニケーション傾聴士”として認定されたわけですが、学べば学ぶほどに、何をもって”傾聴”したと言えるのかが、分からなくなる・・と言うのがその場に…

わたしにとって月って何だろう?

中秋の名月.2021 昨日の夜は、中秋の名月でした。当初関東では夕方から雨予報。これはお月見は難しいかしら?と残念に思っていましたが、それは杞憂に終わりました。 月を見ようと窓を開けると、どこからともなく香ってきたのは、石鹸の匂い。恐らく、どこか…

はじめての昭和記念公園デビュー

朝一で昨日から泊りに来ていた妹も一緒に、立川の昭和記念公園に行ってきました。今日の目的は、愛犬ベルの初めての大型公園デビューです。 本当はドックランに行くつもりだったのですが、手違いで狂犬病接種の証明書を忘れてしまったので、みんなの原っぱで…

パンフレットに写真を提供させていただきました

この度調布市高齢者支援ボランテイアセルフエスティーム様のパンフレットに写真を提供させていただきました。^^ 見開きの大事なページに使っていただき、身が引き締まる思いです。 セルフエスティーム様は、現役の看護師さんが代表を務めてられている団体…

金木犀の季節

すぎ越して木犀のなほ匂ひけり 散歩をしていると、どこからともなく金木犀の甘い香りが漂う季節になりました。不思議なもので、樹を一本見つけると、途端にここにも、あちらにも・・といった具合に金木犀がつぎつぎ目に飛び込んでくるようになります。 近所…

今朝のおかえりモネの菜津さんの言葉とトラウマ環状島モデル

NHKの朝ドラ『おかえりモネ』、(私も含め^^;)ヒロインと医師の昭和な純愛模様にただいまヒートアップの方も多いとは思いますが、人間心理を思索し、しっかり描写して、現時点でのアンサーの種を示してくれる・・そんなストーリー構成に、毎回唸りながら…

学びの秋

このところ、来年からの進路に関わってくるであろう内容の濃い講座や講義を連続して受講しているせいか、脳内での知識の解体や統合作業が大忙しです。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com www.asahiculture.jp それぞれの講座から受け取った感想や気づきを書き…

礼とか拝とか

肌に触れる涼風がさらっとして気持ちの良い1日でした。 そんなわけで、久しぶりに昭和記念公園で写活をしてきました。大概行くとレンタサイクルを借りて園内を爆走するのですが、今日の天気は絶好の爆走日和。どこまでも、どこまでも、空の向こうにだって、…

階段の手すりと父の生きがい

「階段に介護用の手すりをつけたいってお父さんが言い出したんだけど・・・」 7月の末、そう母から相談を受けた時、わたしは「そんなのダメだよ!」と即座に反対しました。以前も書きましたが、ガンの転移で脊髄骨折をした父は、現在は車椅子生活。自力では…

3度目のチャレンジ

来月早々に津田真人先生によるポリヴェーガル理論1日講座を受講することになっています。 tokyo-yoga.com 津田先生と言えば、本家ポージェスのポリヴェーガル理論を超えたポリヴェーガル理論の研究者との呼び名も高い(ある意味怪物のような?)方です。 「…