わたし歩記-あるき-

*心理士を目指す写真家の学びの記録*

エッセイ

犯罪心理学のレポートを書くにあたり読んだ本

今年度履修をした犯罪心理学では、精神疾患における観点や、性犯罪被害における被害者のPTSD、二次的外傷、そこから生じるグリーフ(悲嘆)についてなど様々な視点で世の中では「犯罪」と”ひとくくり”にされてしまっているものと向き合うこととなりました。 …

記憶の行方

午前中はアマゾンプライムで映画を観ていました。 ↓ ↓ ↓ エターナル・サンシャイン (字幕版) ジム・キャリー Amazon ネタバレしない程度にざっくりとあらすじをご紹介すると、性格の不一致から傷つけ合い、思い出すのも辛い恋の結末を迎えた男女2人が、新し…

メルマガシステムの再構築

昨夜、HPを置いているプロバイダサービスの管理画面で、データベースのアップデート(別に敢えてしなくてもいいことだったのに^^;)を行ったところ、なぜかそれまで問題なく動いていたメルマガシステムが、まったく動かなくなってしまいました。(涙) メ…

内的家族システム療法の面白さ

先日から受講している「IFS(内的家族システム)講座」ですが、いろいろなことが繋がってきて、面白くなっています。 そもそもこの講座に興味を持ったとっかかりが、大学で学んだ「家族システム療法」だったわけですが、IFSを提唱したリチャード・シュワ…

星と心理学と

このところ、面白い講座やセミナーを立て続けに受けていたので、記事にしたいと思うのですが、それらが脳内で激しく化学反応を起こしていて、なかなか思うような言葉になってくれません。錬金術でいう、言葉が「金」なのだとしたら、そこに到達するのにはま…

夢の種をくれた人

「これから、大事な話をするから。昨日、泉が亡くなった。」 昨日の朝、いつものように父とのビデオLINEを繋ぐと、開口一番、こう言われました。泉と言うのは、父の5歳違いの弟、わたしにとっては叔父です。従弟家族と共に、アメリカで暮らしていました。最…

明日から新たな学びへ

明日から9月まで、毎週水曜日、こちらの講座を学ぶことになっています。 それは、IFS(内的家族システム)講座。 ↓ ↓ ↓ www.reservestock.jp この講座に出逢えたのも、本当に不思議な縁だったのですが、7月始め、わたしは友人宅で人間の「ペルソナ」につ…

今日ではてなブログ1周年です^^

今日ではてなブログ開設から1周年となりました^^細々と書き散らしている当ブログに足を運んでくださるあなたへ・・・いつも本当にありがとうございます。 ちょうど去年の今頃は、初めて取り組んだ心理学実習実験のレポートが遅々として進まずに悲鳴をあげ…

百日紅

百日紅咲くや鋳物のごと実から 梅雨が明けたら写活しよう!と思っていたのですが、暑さに負けて重たいカメラを首から下げる気にはどうしてもなれません(根性なしです、ハイ。)。結局、室内で読書!これがわたしにとっては至福の夏の過ごし方です。^^; …

経験から見ているのか、経験を眺めているのか

NHKの朝ドラ、『おかえりモネ』を毎朝楽しみに観ています。 www.nhk.or.jp 「物語の展開がゆっくり過ぎて物足りない」とか、「ヒロインが地味すぎる」とか、「物語りがどこに向かっているのかよく分からない」なんて批評もあるそうですが、わたしにはむしろ…

学ぶほどに後退する時期がある?!

先日、カウンセリング論の講義の中で、「初学者が心理療法家を目指す際に、必ず通らなければいけない時期」についての言及があり、いろいろと思うところがありました。 それはどのような内容だったかというと、勉強をするほどに自分に混乱が起き、一時それま…

本当は同じ場所にいる

自己肯定感を「高める」とか「上げる」とかいったフレーズ、または、自己肯定感を上げる方法などとネットで検索すると、それこそ数えきれないほどの情報が飛び込んできます。 かく言うわたしも、かつてはそれらを何百回検索し、その内何十回、それら関わる講…

愛犬の主治医がようやく決まりました

動物病院から帰ってお疲れのベル 久しぶりの青空に心の澱が解き放たれたような1日でした。今日の午後は動物病院へ。ようやく主治医の先生を決めることができました。 先代のベルが副腎の病気を患って以来約8年、お世話になった家から一番近くて便利な動物病…

季節がズレたのか?わたしがズレたのか?

散歩道に咲くコスモス おととい、いつもの道を散歩していると、先日出会った夏コスモスとは明らかに違う、所謂秋に咲くような淡いピンクのコスモスを見つけて驚いてしまいました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com また、同日。神社の森を通りがかると、生ま…

骨からの伝言

ベルの抜けた乳歯 昨日の晩、いつものようにベルにせがまれて、お気に入りのぬいぐるみを投げて取って来させたり、咥えさせて綱引き遊びをしていた時の事。突然、ぬいぐるみの顔が真っ赤な血で染まったため、ぎょっとして一瞬パニックになりました。「ベル?…

多様性への道のり

産業心理学は、様々な心理学の理論を実際の職場環境で実践・検証していく学問なので他の臨床領域の学びに比べると生活に近い気がします。今日は、集団での意思決定について書いてみたいと思います。昨今、オリンピックやワクチン接種をめぐって、様々な意見…

繋がる

心理療法について学ぶまで、写真をやっている私にとって「エクスポージャー」と言えば、それは「露光」や「露出」のことでした。それが最近では、「エクスポージャー」と聞けば、「暴露療法」のことねと当たり前のように思えるようになったのだから、おかし…

先代ベルの納骨が終わりました

府中の慈恵院 今日は先代ベルの月命日。新盆ということと、そろそろ”けじめの時期”かも知れないねと夫婦で話し合い、納骨をすることになりました。 ちょうど7ヶ月前、朝に亡くなったベルの亡骸を抱き、同じ道を走ったのを、窓ガラスを流れる雨のしずくをぼ…

初めてのインテーク面接

少し前にひょんな成り行きから、初めてインテーク面接(と言って良いものやら??ですが)を経験しました。ちなみにこれは、わたしが受けた側なのではなく、わたしがカウンセラーとして実施したと言う意味です。( ”インテーク面接”というのは、心理カウンセ…

再会・2021夏

6月最後の日曜日の昨日は、高校時代、仲が良かったメンバー5人と20年ぶりの再会を果たしました。きっかけは、先月、メンバーのひとりのKさんと10年ぶりに逢ったこと。Kさんの会社の福利厚生の一環で、コロナ禍で疲れている社員とその家族に一律の慰労手当が…

小さい声ほどよく通る

小さい声ほどよく通る ひょっとして、そうなんじゃないかなあ・・と、この頃思うのです。これは、物理的な意味でもありますが、もっと精確に言えば、 小さくて済む声ほどよく通る のかなあ?ってことなんです。 例えば、あなたがおばあちゃんに駅までの道を…

ようやく父とLINEで繋がりました

hanahiroinoniwa.hatenablog.com 5月の末に実家に送ったタブレットでしたが、県内に暮らす従姉夫婦にWi-Fiを繋いでもらってからも、端末の設定不備が発覚し、本体を一旦実家からわたしのところに送り返してもらうなどし、本格的につながったのは、6月に入っ…

信じる才能、飛び込まない才能

夏コスモス ここ数年、季節のスペクトラムが以前にも増して複雑になってきたなあと感じます。つい先日もいつものコースを散歩している途中で、思わず目を疑ってしまいました。コスモスが咲いていたのです。調べてみると「夏コスモス」と呼ばれている品種だそ…

人や環境に左右されない資格を

今日、たまたまTwitterで、某カウンセリング団体に所属している女性が書いた、内部組織が変わってしまったので、その団体から卒業しようと思っているという決意表明のようなブログ記事を見つけ、思わず読み耽ってしまいました。そこには、 「〇〇認定講師に…

考えるな感じろ・・・とは言うけれど

それがいつの頃からなのか、明確には分からないのですが、昨今「考える」よりも「感じる」ことの方に価値があるという風潮が強いように思います。 「Don't think! Feel!」 かの有名なセリフもそうなのですが、書籍などの「考える」を求められるツールよりも…

人との愛着形成が難しいときどうするか

昨日は愛着障害においては、先ず現在の人間関係で「安心・安全」のベースの再構築が必要であること。そしてそのためには、愛着障害について、正しい知識とトレーニングを積んだ専門家の力を借りることが必須だと書きました。 ただ、愛着障害のタイプによって…

愛着障害の人がカウンセラーとのラポールを築きにくい理由

先週、先々週と週末は心理学実験実習のスクーリングに明け暮れていました。入学して以来、キャンパスには一度も訪れたことはありませんでしたから、オンラインとは言え、初の双方向での、それもグループ実習と言うことでとても楽しみにしていた講義でした。…

「分かってもらえなかった」の後遺症②

hanahiroinoniwa.hatenablog.com 前回の記事「分かってもらえなかったの後遺症①」の続き、 「分かってもらえなかった」の後遺症を持っている人が、人間関係でどんな罠にハマりやすいのか について書きたいと思います。 幼少期において身近な養育者から適切な…

「分かってもらえなかった」の後遺症①

可愛い子ガモたち 前回の記事では、先天的なものだと言われている昨今話題のHSPの特性が、実は後天的・学習的なものではないだろうか?と言う可能性について書きました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 反応に一貫性がない養育者の元で育てられたり、適切…

後天的にHSPが生まれるプロセス

昨日は、生来的な特性だと多くの著書の中で書かれているHSPが、後天的、つまり学習的なものではないだろうか?と言うところまで書きました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 上記の中でわたしは、HSPの人が抱えやすいと言われている以下の特性 ①深く情報を…