わたし歩記-あるき-

*心理士を目指す写真家の学びの記録*

心理学

犯罪心理学のレポートを書くにあたり読んだ本

今年度履修をした犯罪心理学では、精神疾患における観点や、性犯罪被害における被害者のPTSD、二次的外傷、そこから生じるグリーフ(悲嘆)についてなど様々な視点で世の中では「犯罪」と”ひとくくり”にされてしまっているものと向き合うこととなりました。 …

記憶の行方

午前中はアマゾンプライムで映画を観ていました。 ↓ ↓ ↓ エターナル・サンシャイン (字幕版) ジム・キャリー Amazon ネタバレしない程度にざっくりとあらすじをご紹介すると、性格の不一致から傷つけ合い、思い出すのも辛い恋の結末を迎えた男女2人が、新し…

内的家族システム療法の面白さ

先日から受講している「IFS(内的家族システム)講座」ですが、いろいろなことが繋がってきて、面白くなっています。 そもそもこの講座に興味を持ったとっかかりが、大学で学んだ「家族システム療法」だったわけですが、IFSを提唱したリチャード・シュワ…

星と心理学と

このところ、面白い講座やセミナーを立て続けに受けていたので、記事にしたいと思うのですが、それらが脳内で激しく化学反応を起こしていて、なかなか思うような言葉になってくれません。錬金術でいう、言葉が「金」なのだとしたら、そこに到達するのにはま…

明日から新たな学びへ

明日から9月まで、毎週水曜日、こちらの講座を学ぶことになっています。 それは、IFS(内的家族システム)講座。 ↓ ↓ ↓ www.reservestock.jp この講座に出逢えたのも、本当に不思議な縁だったのですが、7月始め、わたしは友人宅で人間の「ペルソナ」につ…

今日ではてなブログ1周年です^^

今日ではてなブログ開設から1周年となりました^^細々と書き散らしている当ブログに足を運んでくださるあなたへ・・・いつも本当にありがとうございます。 ちょうど去年の今頃は、初めて取り組んだ心理学実習実験のレポートが遅々として進まずに悲鳴をあげ…

経験から見ているのか、経験を眺めているのか

NHKの朝ドラ、『おかえりモネ』を毎朝楽しみに観ています。 www.nhk.or.jp 「物語の展開がゆっくり過ぎて物足りない」とか、「ヒロインが地味すぎる」とか、「物語りがどこに向かっているのかよく分からない」なんて批評もあるそうですが、わたしにはむしろ…

学ぶほどに後退する時期がある?!

先日、カウンセリング論の講義の中で、「初学者が心理療法家を目指す際に、必ず通らなければいけない時期」についての言及があり、いろいろと思うところがありました。 それはどのような内容だったかというと、勉強をするほどに自分に混乱が起き、一時それま…

本当は同じ場所にいる

自己肯定感を「高める」とか「上げる」とかいったフレーズ、または、自己肯定感を上げる方法などとネットで検索すると、それこそ数えきれないほどの情報が飛び込んできます。 かく言うわたしも、かつてはそれらを何百回検索し、その内何十回、それら関わる講…

多様性への道のり

産業心理学は、様々な心理学の理論を実際の職場環境で実践・検証していく学問なので他の臨床領域の学びに比べると生活に近い気がします。今日は、集団での意思決定について書いてみたいと思います。昨今、オリンピックやワクチン接種をめぐって、様々な意見…

繋がる

心理療法について学ぶまで、写真をやっている私にとって「エクスポージャー」と言えば、それは「露光」や「露出」のことでした。それが最近では、「エクスポージャー」と聞けば、「暴露療法」のことねと当たり前のように思えるようになったのだから、おかし…

初めてのインテーク面接

少し前にひょんな成り行きから、初めてインテーク面接(と言って良いものやら??ですが)を経験しました。ちなみにこれは、わたしが受けた側なのではなく、わたしがカウンセラーとして実施したと言う意味です。( ”インテーク面接”というのは、心理カウンセ…

小さい声ほどよく通る

小さい声ほどよく通る ひょっとして、そうなんじゃないかなあ・・と、この頃思うのです。これは、物理的な意味でもありますが、もっと精確に言えば、 小さくて済む声ほどよく通る のかなあ?ってことなんです。 例えば、あなたがおばあちゃんに駅までの道を…

人や環境に左右されない資格を

今日、たまたまTwitterで、某カウンセリング団体に所属している女性が書いた、内部組織が変わってしまったので、その団体から卒業しようと思っているという決意表明のようなブログ記事を見つけ、思わず読み耽ってしまいました。そこには、 「〇〇認定講師に…

考えるな感じろ・・・とは言うけれど

それがいつの頃からなのか、明確には分からないのですが、昨今「考える」よりも「感じる」ことの方に価値があるという風潮が強いように思います。 「Don't think! Feel!」 かの有名なセリフもそうなのですが、書籍などの「考える」を求められるツールよりも…

人との愛着形成が難しいときどうするか

昨日は愛着障害においては、先ず現在の人間関係で「安心・安全」のベースの再構築が必要であること。そしてそのためには、愛着障害について、正しい知識とトレーニングを積んだ専門家の力を借りることが必須だと書きました。 ただ、愛着障害のタイプによって…

愛着障害の人がカウンセラーとのラポールを築きにくい理由

先週、先々週と週末は心理学実験実習のスクーリングに明け暮れていました。入学して以来、キャンパスには一度も訪れたことはありませんでしたから、オンラインとは言え、初の双方向での、それもグループ実習と言うことでとても楽しみにしていた講義でした。…

「分かってもらえなかった」の後遺症②

hanahiroinoniwa.hatenablog.com 前回の記事「分かってもらえなかったの後遺症①」の続き、 「分かってもらえなかった」の後遺症を持っている人が、人間関係でどんな罠にハマりやすいのか について書きたいと思います。 幼少期において身近な養育者から適切な…

「分かってもらえなかった」の後遺症①

可愛い子ガモたち 前回の記事では、先天的なものだと言われている昨今話題のHSPの特性が、実は後天的・学習的なものではないだろうか?と言う可能性について書きました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 反応に一貫性がない養育者の元で育てられたり、適切…

後天的にHSPが生まれるプロセス

昨日は、生来的な特性だと多くの著書の中で書かれているHSPが、後天的、つまり学習的なものではないだろうか?と言うところまで書きました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 上記の中でわたしは、HSPの人が抱えやすいと言われている以下の特性 ①深く情報を…

HSPは個性?!

繊細さん、敏感さん・・・そんなワードが書店の心理コーナーを賑わしたり、HSPカウンセラーなる肩書がSNSの広告やメデイアに徒党を組んで登場し始めたのは、ここ数年のことだと思います。わたしも「チェックシート」で調べたところ、当てはまる部分が多く、…

死の質(Qualitiy of Death)

父が退院してから1週間が経ちました。そして奇しくも今日は父の誕生日です。お祝いの電話をしましたが母曰く、この1週間は訪問介護のスタッフさんをはじめ、リハビリ担当の方の出入りも多く、怒涛の1週間だったそうです。加えて、自力での排泄や歩行が全くで…

グリーフ(悲嘆)はどこか遠い世界のことですか?

グリーフケアとかスピリチュアルケアとか聞いたところで、現に今、自分は病気とは無縁で元気に生きてるし、両親も幸いまだまだ健在の様子だし、配偶者だって憎たらしいほどピンシャンしてるから(笑)、力説されたところであまりピンと来ない・・と言う方は正…

スピリチュアルケアの学び

hanahiroinoniwa.hatenablog.com 前回の「グリーフケア」に続き、今回の傾聴の講座のテーマは「スピリチュアルケアにおける傾聴」でした。昨今「スピリチュアル」という枕詞を聞いただけで、「霊感・占い・オーラ」と言った目に見えない世界による何某かを思…

母の本音と父の退院

今日の午後、父が退院して5ヵ月ぶりに自宅に帰ってくることになりました。昨日は今後の生活で必要となるベッド、ポータブルトイレ、お風呂用の椅子、車椅子用の玄関スロープが届き、また主な生活スペースとなる一階には天井と床に手すり代わりのポールが所狭…

誰もが心の病名を簡単に持てる時代

インターネットが普及したことで、今は誰もがオンライン上で性格特性検査を簡単に出来るようになりました。わたしも心理学なんて勉強しているくらいですから、そう言った類の検査は興味深く大好きなのでよく試していたりします。結果に関しては、「そうそう…

母の心の状態

一昨日、母の誕生日だったので毎年そうしているように、朝一で電話をかけると不在。「こんな早くから家に居ないなんて変だな・・」そう感じてメールをすると、ほどなくして母から、「いま、病院なの。ちょっと調子が悪くて。」とだけ返事がきました。主語が…

○○ロスを馬鹿にしてはいけない

昨日の新垣結衣さんと星野源さんの結婚報告に、驚かれた方も多かったのではないでしょうか?我が家も第一報を聞いた瞬間、リモートワーク中の夫としばしの間はしゃぎました。SNSにはお二人を祝福するツイートや投稿が溢れていましたが、その中には時折、「明…

幸先良いスタートです

昨日、本年度最初に提出した臨床発達心理学のレポートが「合格」で戻ってきました。あと17本課題レポートが残っていますが、”はじめ”って肝心ですよね。これで随分と気持ちが楽になったし、「後のレポートもなんとかなるかもな」と前向きな気持ちになってい…

カウンセリングとは?!

カウンセリングのゴールに関してはそれこそ専門家の数だけその定義があると思うのですが、諸説ある中、これまで学んだ中で一番しっくり来たのは、 「カウンセリングのゴールとは問題の解決ではなく、葛藤の解消である」 と言うものでした。 これは具体的には…