わたし歩記-あるき-

心と向き合う写真家の学びの記録*

専門家だからといって安全とは限らない

f:id:miyuki_sato:20211027152233j:plain

 

 勉強のため、心理師・心理士の方が書いているブログやメルマガをいくつか登録して読ませていただいています。

 

 つい最近登録した臨床心理士さんのメルマガですが、割と読み始めた直ぐくらいから、わたしの中のセンサーが「この人は、キケンだよ~」というシグナルをやんわりと発していたんですね。胃の下部がざわっとして、脳内が「ん?」ってねじれる感じです。最近、地味な努力の甲斐あってか、生命体として本来機能すべき自律神経の反応がようやく正常になってきたみたいです。

 

 それでも、何と言ってもちゃんと国家資格のある人なのだし、学べることもあるかも知れないと思い直し、しばらくはメルマガを解除せずにいました。

ところが・・・!

 

今朝届いたメルマガに、セミナー開催のリンクが張ってあったので、飛んだところ、「あー、やっぱりな」と、疑惑が確信に変わりました。

 

以下は、そのセミナーに参加することで得られるメリットとのことですが・・・

 

f:id:miyuki_sato:20211027153052j:plain

 

 もう、ね、なんて抽象的なのでしょうか?!
これらがすべて2日間で、20数万円を支払えば手に入れられると書いてあるんですよ。^^;どん底の人生が180度変わった・・なんて、使い古されたコピーと共に。それなのに、ここまで書いて、エビデンスベースとは言い切っておらず、効果をデータで示すことは一切していないんです。その代わりに、誇大広告のような体験者の声がずら~り。

 

 

 また、セミナーの仕切りのメンバーを見ましたが、どこぞの企業のCEOだとか、見るからに胡散臭そうなコーチとか、そんな人ばっかり。
更に、件の心理士をFacebookで検索したところ、友人の数はマックスに近いのにも関わらず、そこには私が心から信頼を寄せている先生方のお名前は一人も掲載されていませんでした(もっと早くこれを調べればよかった^^;)。もう、これって、つまり、そういうことなんですよね。アブナイ、アブナイ。メルマガ、即、解除です。そして、自分の身体の的確な反応に、ありがとう。

 

 

 私が問題だなと思ったのは、このセミナーの集客を国家資格を持つ心理士がしていると言うこと。この先生が言うのなら・・と、なけなしのお金を突っ込む人が、いてもおかしくないでしょう。

 

 

 たった2日間でここまでなれたら、心理療法も心理療法家も世の中には不要です。そして、もし本気でそうなれると信じているのだとしたら、脳や神経の仕組みをそもそも分かっていないと言っているようなものです。 

 

 

 心の仕組みを変えていくって、ものすごく繊細な技術が必要です。どれだけインパクトを与えられたかではなく、「タイトレーション」と言って、どれだけクライエントに物事を受け入れる準備が出来ているのかの許容レベルを絶えずトラッキングする技術・・それこそが、心理士(セラピスト)の力量です。そこを磨くために、心理士は一生を学びに捧げる覚悟のある人達なのですから。

 

 

 ふっと心が弱くなっている時ほど、すぐに効果が出ることを詠っている過剰な心理広告に吸い込まれてしまいます。どうかあなたもお気をつけてくださいね(*経験者は語る、です!)。

 

 

*追記
 
後日、ヤフーニュースでこんな記事を発見。アセスメントに関する部分には、今だから頷ける部分も多いです。でもそれ以上に、「倫理」の問題。この件に関しては、以前の自分は、本当に軽く考えていたなあ・・と反省することが多々あります。

 

news.yahoo.co.jp

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^
さとうみゆき

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  

 

miusato.com