わたし歩記-あるき-

心と向き合う写真家の学びの記録*

今月の投句締め切りは24日です

 

 

 月に1回句会を開くようになってから、自分の心身が季節と共鳴しやすくなっているのを感じています。

 

 もちろん以前と同様、日々は慌ただしく過ぎてはいくのですが、句を詠んだ瞬間が”マイルストーン”の役割を果たし、「たしかに、この時、この瞬間、わたしは、ここに居る」という感覚をしっかり持てている・・という感じ。

 

 この「確かに、いま、ここに(安心・安全で)在る」という感覚は、愛着のトラウマを癒す過程でとても大切なものなのですが、俳句を詠むことが、それを後押ししてくれているような気がしています。


*この「安心・安全」についての記事は、また近い内に改めて書きたいと思っています。^^

 

 

 前回の振り返りで、先月から参加してくださったメンバーの方が、

 

「何か嫌なことがあった時でも、俳句を詠めばいいんだ!と気持ちを切り替えやすくなりました」

 

と仰ってくださっていましたが、まさしくそういうことだと思います。^^自分を取り囲む、季節とか自然とか宇宙といったものとの“愛着”や“安全基地”が一歩、一歩、着実に築かれているのではないでしょうか?

 

 

 これからも淡々と句会の場を持っていきたいと思っています^^。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by さとうみゆき (@miu___sato)

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^
さとうみゆき

 

 


夏雲システムを使った
認定心理士/産業カウンセラーが主宰する
オンライン俳句
「花拾い句会」のメンバー募集中です♪ 
俳句を始めたばかりの方が多い、
風通しの良いゆる~い句会です♪

参加希望の方は、下記のフォームから、
ご希望の俳号をお知らせください^^
追って、ログイン用のパスワードを
ご案内致します。
 

form.run

 

愛着に傷つきを持つ方のピアグループ
ありおりカフェ、
繊細な方のための読書会、
句会等の開催のご案内はこちらから・・。

 

hanahiroinoniwa.com

 

写真を眺めてほっと一息^^  

 

miusato.com