わたし歩記-あるき-

心と向き合う写真家の学びの記録*

仕事ができるって幸せなことですね

f:id:miyuki_sato:20211108095838j:plain

 

 昨日、いつもより少し遅めに散歩にでると、ちょうど太陽が山端に沈んでいくタイミングだったのか、森の木立を貫くようにしてはちみつ色の夕日が差し込んでいて、静かで神々しい景色が広がっていました。

 

 

 今週は森のユカフェ

友香さんとのコラボレッスン第2弾が開催されます。

 

f:id:miyuki_sato:20211108100404j:plain

 

 実は前回、第1弾の募集の際に予定が合わず、ご参加いただけなかった方に優先的にお声がげをさせていただいたところ、公募前に満席となりました。

 

f:id:miyuki_sato:20211108100810j:plain

 

 そして、先日、12月開催予定の第3弾のお申し込みを募ったところ、こちらもありがたいことに即日満席に。^^本当に、嬉しいです。

 

 

 先月から、久しぶりにフォトレッスンを再開させていただいてつくづく思うのは、「仕事ができるって幸せなことだなあ」ということです。

 

 

 この2年、コロナ禍にあって、(わたしも含め)これまで”対人・対面ありき”でお仕事をされていた方たちというのは、例外なく「いま、自分はこれをしていていいのだろうか?」という倫理の壁に都度ぶち当たっていたと思うのです。苦しかったですよね・・。そして、まだ苦難の中に居られる方も大勢いらっしゃるかも知れませんね。

 

 

 幸い、撮影の仕事は(屋外・屋内含めて)ちょこちょこは頂いていましたが、屋内での仕事の配慮以上に、屋外撮影での、人々から間々注がれる視線の冷たさといったら・・!(涙)こんなにも仕事をするのに、コソコソと後ろめたい気分になったことはなかったです。^^;せっかく撮ったポートレート写真も、相手ありきのことなので、プロモーションとしてサイトにあげていいやら、悪いやらと、迷ってしまったりして。

 

 

 もちろん、この感覚はわたし自身のものであって、これまで通り通常運転が出来ていた方だって居られるとは思います。でも、わたしは、考えて、考えた末にも無理でした。^^;

 

 

 その内、「レッスン・・もう、いいかな。家も使えないし、写真を教えてくれる人は世の中に大勢いるし」とか、「撮影も、他にいっぱいカメラマンいるしな」とか、暗澹たる思いに支配されるようになって・・・。

 

 

 そんな中で自然発生的に始まったのが、友香さんとの”料理と写真”を通してのコラボレッスンでした。「もうレッスンはいいか・・」なんて思ってしまっていたけれど、第1弾、やってみたら、多分生徒さん以上に楽しかったのは私の方で(笑)、制限時間を大幅にオーバーしてのレッスンになってしまいました(次回は絶対に気を付けます!^^;)。

 

 ”わたしでなければ伝えられないこと”なんて、情報が飽和している今の時代、そうそうないだろうとは思っています。ただ、たまたま縁あって、写真を知りたい、写真を通して自分を知りたい・・そんな風に思ってくれる人が目の前にるのだとしたら、その人が大切にしている感性・感覚だけは、命がけで守りながら、楽しい写真の旅へと出発する”切符”を手渡していきたいなと思っています。その切符は、行先は決まっていないので、降りたい場所で降りればいいし、乗り換え駅で別の切符を買ってもいいのですよ。^^

 

 

 さあ、今週は、どんな旅の始まりに出逢えるんだろう♪そして、毎回の心づくしの友香さんのお料理が楽しみすぎる♪(制限時間を守って←しつこく言い聞かせる)楽しく「撮る」こと、お伝えしていきたいと思います^^。

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^
さとうみゆき

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  

miusato.com