わたし歩記-あるき-

心と向き合う写真家の学びの記録*

NHK全国俳句大会の授賞式に行ってきました

 

 東京の西のはずれ・・ここ国立の桜も昨日で満開になりました。開花が進んでからというもの、青空背景になかなか恵まれないのですが、花曇りの背景というのは、天然の”ホワイトボックス”の中に被写体を置いている感覚もあり、撮影は意外としやすいので気に入っています。反対に「青空と桜」の場合、どちらの色もバランスよく抽出するのが案外難しかったりします。

 

 

 

 日曜日はNHK全国俳句大会の授賞式に参加してきました。NHKホールが改装中ということで、今回は三軒茶屋にある昭和女子大学の人見記念講堂にて開催されました。

 

 先ず会場に入って最初に感じたのは、参加者の平均年齢の高さでしょうか。周囲を見回すと、ほぼ自分の親世代(70~80歳)の方が多く、五十路を前に「最近、歳をとったな~」などと思っていた私ですが、なんだか女学生に戻ったかのような錯覚を起こしそうでした。^^; 受賞をされた方も、大ベテランの方がほぼほぼでしたが、一句に詠まれた世界は円熟し、瑞々しく、私などまだまだ小童だなあ・・と痛感しました。

 

 コロナ感染対策ということで、会場には5名しか選者の先生はいらっしゃらなかったのですが、俳壇の重鎮である宇多喜代子先生、西村和子先生、若手では神野紗希先生がいらしていて、リアルに拝顔することが叶いとても嬉しかったです。

 

 個人的にとても残念で悲しかったのは、稲畑汀子先生にお目にかかれなかったことです。先生は2月の末に、他界されてしまったのです。

 

 俳句を半年ほど続け、歳時記や俳句の書籍をじっくり読み込むようになってから、「あ、この句、素敵だな」と思い、作者名をみると、かなりの高確率で稲畑先生の句であることが多く、「そうか、わたしは、この方の句が好きなんだな~」と自覚してゆきました。初めて購入した句集も稲畑先生のものでした。

 

 今回、自分の句が入選し、会場に赴くことを決めてから、ひょっとしたらご本人にお目にかかれたらいいのになあ・・と、楽しみにしていた矢先の訃報でした。どうしてもっと早く、俳句を始めなかったんだろう・・と思ったりもしましたが、こればっかりは”めぐり合わせ”。どうしようもありません。先生のご冥福をお祈りすると共に、これからも俳句を通して、稲畑先生と出逢っていきたいと思っています。

 

 他にも大好きな夏井いつき先生や、片山由美子先生にもいつかお目にかかりたいです。

 

 授賞式のホールでは、受賞した句の選者の講評を余すところなく伺い、とても充実した時間を過ごすことができました。そして改めて、俳句とは「客観写生」の文藝であることを再確認し、自分の未熟な表現力を、よりいっそう愚直に磨いてゆきたいと思わされました。

 

 

 ところで、授賞式の間、一貫して選者の先生方の中がおっしゃっていたのが、

 

 

「俳句に”あいにく”はない」

 

と言うキーワードでした。

 

 

これは、どんな状況であっても、それはすべて「俳句の種」になるよ、という意味です。雨が降った、嵐が来た、青天の霹靂のような出来事に襲われた・・それらはすべて、17文字にして昇華できる、そしてそれを、句友と分かち合うことで、人生をより豊かなものに変えてゆける・・・。俳句を嗜まれている会場の大先輩方が、年齢不詳でどこか若々しく、はつらつとし、好奇心で満ち溢れているのは、このマインドセットのおかげなのでしょう。

 

 

 実はこの感じ・・わたしは写真をされている方全般にも通じるなあと常々思っていたことでした。降っても晴れても、咲いても散っても、そこに自分の内なる発見と美しさを見出して世界に触れ、感動しながら撮ってゆく。わたしは一生を通してそれらを味わえるツールを、2つも手にしていることになるのです!なんてラッキーなことでしょうか!^^

 

 

 選者の中では最高齢の宇田喜代子先生が最後に、

 

 

「コロナなんて家の中で歩き回れるだけマシよ!正岡子規をごらんなさい!
あんな六尺三寸の布団の上にいてさえ、俳句で深い世界を詠んだのよ!」

 

 

と、さらっと仰ったのですが、惚れ惚れするほど粋でかっこよくて、なんだかスカっとしました。

 

 

 

自分の句が掲載された本もいただいてきました。やっぱり嬉しいものですね。

 

 

そうそう、会場でサプライズがありました!
わたしが主宰する花拾い句会に今月から参加してくださった句友さんにお目にかかれたのです!彼女も入選されて会場にいらしていました。休憩時間にひとしきりご挨拶をし、もっとお話ししたいのはやまやまでしたが、またの再会をお約束し、会場を後にしました。

 

4月の句会から参加ご希望の方は、お気軽にメッセージください。すぐにアカウントの登録手続きを致します^^。

 

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^
さとうみゆき

 

 


ただいま、夏雲システムを使った
オンライン俳句
「花拾い句会」のメンバー募集中です♪ 
俳句を始めたばかりの方が多い、
ゆる~い句会です♪

参加希望の方は、下記のフォームから、
ご希望の俳号をお知らせください^^
追って、ログイン用のパスワードを
ご案内致します。
 

form.run

 

愛着に傷つきを持つ方のピアグループ
ありおりカフェ、
繊細な方のための読書会、
句会等の開催のご案内はこちらから・・。

 

hanahiroinoniwa.com

 

写真を眺めてほっと一息^^  

 

miusato.com