わたし歩記-あるき-

心と向き合う写真家の学びの記録*

今年最初の句会

f:id:miyuki_sato:20220205210928j:plain

 

 今日は今年最初の句会でした。本当は対面での句会を予定していたのですが、諸々を鑑みて、直前でのオンライン対応となりました。

 

 毎回、17音の調べの中に込められた、参加者さんの想いや視点、はっと驚くような感性に触れられるのが楽しくて仕方がありません。

 

 自分の句を発表するのはもちろん(緊張半分)楽しいですが、人って同じ景色を見ていても、こんなにも感じ方が違うんだなあ・・としみじみ感動なのです。そして違いを受け入れたり、認め合ったりできることは、この上なく、安心・安全で、幸せな時間です。普通の世間話をしてもこの幸せ感って得られるのかも知れませんが、”表現”というフィルターを通す分、よりコアなその人自身に出逢えているような気がします。

 

 今月は月末にもう1回、同じメンバーでの句会を開催します。それまでに俳句を準備しなければっ!^^;産みの苦しみは、避けられないですね。^^;どうしよう・・。今回の句会で出し切っちゃった感があるというのに。

 

 

 実は2月28日が締め切りの伊藤園の新俳句大賞に皆で応募する予定なのです。前回はメンバーさんの中でおひとりが入選し、お茶のボトルに句が印字されたのです。次回はみんなで入選!が目標です。

 

 

 ちなみに、先日発足したばかりの花拾い句会は、句で競いあうことはせず、お互いの表現世界への共感重視の句会となっています(詠んだ句を俳句大会に投稿すること等は各自にお任せしています)。ただいま若干名のメンバー募集中です。現在、オンライン句会を開催するシステム(夏雲というシステム)を使わせていただくための申請をしており、申請が認められ、設置ができれば、主催のとりまとめの手間がなくなるので、無料開催に踏み切れそうなのです。


 ゆる~く、ほそ~く、なが~く、俳句をライフワークとして楽しんでいきたい!と言う方、感性と感性で共鳴しつながる友人関係を求めている方、繊細で大人数の句会等には参加しずらい方、常連さんばかりや、上級者の会には参加しずらくて・・と言う方(私も俳句歴1年です。)、セラピーとしての俳句を知りたいと言う方、花拾い句会で俳句を楽しみませんか?^^常時少人数で開催したいと考えています。
 参加してみたいな~と思う方は、一番下のブログのメールフォームからご一報くださいね!人数が集まり次第、開催の日程調整に入りたいと思っています。

 

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^
さとうみゆき

 

 

 

愛着に傷つきを持つ方のピアグループ
ありおりカフェ、
繊細な方のための読書会、
句会等の開催のご案内はこちらから・・。

 

hanahiroinoniwa.com

 

写真を眺めてほっと一息^^  

 

miusato.com