わたし歩記-あるき-

心理カウンセラーでもある写真家のブログです

次々と予定を入れてしまいがちな人

Fujifilm X-T5 with fujinon XF35mm F1.4R

 

 今日も皆さまから届いた講座のご感想を読ませていただいております。

 

これまで無自覚だった自分の自律神経のプロフィールに、「私って、実は赤(交感神経)が優位だったんだ!とか、青(背側迷走神経複合体)が強かったんだ!」と気づくようになっていきます。

 

 ちなみに私の場合ですが、以前は自分としては「ひとりでいたい」とか「もう消えてしまいたい」と思うことが多かったので、真っ青なものとばかり思っていました。

 

 

ですが、注意深く自分の脳内会話を観察してみると、

 

「~~~しなくちゃ」
「絶対に~~しちゃダメ」

 

みたいな”圧”が、ま~多いんですよね。^^;

 

 

自分の”圧”で押しつぶされてしまい、せっかく”青”になろうと背側迷走神経複合体が発動してくれているにも関わらず、そこに鞭を打つ・・・という”赤モード”で”赤モード”を打ち消していく時間が、実は多かったのでした。

 

だから、肩こりだとか腰痛だとか、神経痛を発症しやすいんでしょうね。

 

「ひとりでいたい=やすみたい」と思っているのに、反対の行動をとっていたんですよね。

 

これでは、安心・安全は回復しないわけですよね^^;

 

 

よく、スケジュール帖が真っ黒になるまで予定を入れずには居られないって方、いらっしゃいますが、このタイプの方は、”赤モード”が優位の方が多いです。

 

何故なら、これ、「闘争・逃走」反応の「逃走」反応だと言われているから。

 

立ち止まってしまうと、何かに捕まってしまいそうで不安で、次・次・次‥と言う風に、その場・その現象から移動することで、安心・安全を確保しようとしてしまうのです。

 

「あの人、アクテイブで羨ましい~!」と思っていたら、実はそうじゃなかった・・・というケース、臨床の現場でも、案外多いそうです。

 

 

”赤モード優位”の方は、先ずは、赤モードを労ってください。

 

誰かと一緒でもいいですが、1日の内、ほんのひと時でもひとりの時間を持てるとなお良いですね。

 

 

そして、気持ちが少し落ち着いてきたところで、「私が大切にしたいものはなんだろう?」と自分に質問してみてください。

 

 

アーカイブ動画3,300円で販売しています
公式LINEよりお声がけください
学校の教育現場・関係者の方は無料でご案内しています

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

 

教育現場の先生の中でもし必要な方がいらっしゃれば

Fujifilm X-T5 with fujinon XF35mm F1.4R

 

 先日開催した講座に、本当にたくさんの方からの貴重なご意見・ご感想をいただき、ひとつひとつじっくりと読み込んで肚に落としているような数日です。

 

参加者さんの中に、教育現場に居られる先生をされている方が数名いらっしゃったんですが、その中のおひとりの方から、こんな感想をいただきました。

 

 

人類の生存に最適な進化を遂げてきた結果、生命が「愛」と「遊び」で健康に維持されやすくなっているということです。それってまんま子どもの姿だなと思いました。子どもたちこそ自律神経ニュートラル、自律神経のお手本。以前から私は子どもと関わるとチューニングされると思っていたのですが、それがなぜか今日よくよくわかりました。

 

 

いや~、もう、これ、現場で日頃からお子さんたちと真摯に真正面から向き合っているからこその気づきだなあ・・・と、読みながら、尊い日々のお仕事に「ありがとうございます!」の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

ポリヴェーガル理論の考え方が、教育現場に当たり前のように広がっていったら、先生たちにとっても、また子どもたちにとっても、どんなに問題解決の糸口となるか・・・。

 

 

そこで、もし、ここをお読みの教育現場に携わっている先生に限り、講座の内容を知りたいと思われている方がおられましたら、公式LINEよりご連絡ください。

 

 

公立・私立、義務教育、フリースクール、一切関係なく、講座のアーカイブ動画を無料でご案内します。m(__)m

 

私の知り合いにも(身内友人知人含めて)先生をしている方がいますが、現場の先生方が日々どれだけ忙しくて、ご自身の勉強をする間もないこと・・・よく存じております。動画は1時間半ほどになっております。現場で皆で御覧いただいても構いません。遠慮なくお声がけください。

 

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

 

 

豊かさの再考:カメラの供給不足と豊かさの関係

Fujifilm X-T5 with nokton35mm f1.2

 

 この頃、改めて「豊かさ」ってなんだろう?って考えることが増えました。

 

きっかけとなったのは、昨今のカメラの供給不足でしょうか・・・。

 

 

欲しいと思うカメラはある

その欲しいと思うカメラを購入するお金の準備もある

だけど、そのカメラは資材の供給不足で市場に僅かしか出回らない

結果、買いたいときに買えない!

 

 

つまり、

 

この「商品が存在し、お金はあっても、買えない」

 

という現象が、「お金ってなんだろう?」「豊かさってなんだろう?」

 

もっと言えば、

 

「所有する=豊かである=お金がある」

 

という、かつての方程式をガラガラポンしてくれたように思うのです。

 

 

今から数年前に、ある起業家さんにこんなことを言われたことがありました。

 

「なんだかんだ言ったところで、お金が全て解決してくれる」

「だから、お金で買えないものがあるとか、お金より尊いものがあるとか、

御託を並べている暇があったら、仕事をしろ!言いたいことがあるなら、

自分より稼いでから言え!」

 

って。

 

ここには、確かに一理あって・・だから、すごーーく嫌な気分になったのだけど、悔しいかな、100%で言い返せなかった自分がいました。

 

 

でも、このロジックが、最近、ゆっくりと、ゆっくりと変わってきているのを、私は感じるんです。

 

 

 先日ね、こんなことがあったんです。

 

今のお家を買って住み始めて12年。そろそろ外壁塗装の補修をした方がいいよね・・って、今年に入ってから夫と話していました。

 

でもね~・・・どの業者さんに頼もうかってところで、ぜんぜん話が進まなくなっていたんですよ。だって、営業に来る人達も、なんだかみんな胡散臭い話し方をしてくるし、顔からさ、にじみ出てるんだよ・・・。

 

「この家から、一銭でも多くお金を取ってやろう!」みたいな空気が!^^;

 

や~れ、ここにも傷が・・とか、屋根のどこそこにも怪しい亀裂があって・・って、こっちが頼みもしないのに、ドアフォン押してわざわざ知らせに来た業者もあった!!
いや、さ、それ、面白いのかい?!人の家にケチつけに訪問して、楽しいのかい?って。

 

こんな願い、叶うか分からなかったけど、私たち、少なくとも、家の手入れが好きで、そこに暮らす人の幸せを心から祈って作業をしてくださるような職人さんにお願いしたいと思ってたんだよ。そこ、ほんと、値段じゃなくてね。

 

 

自分たちが毎日暮らす家よ?そこに手を入れる人の心根が、「ケチつけてもっとお金取ってやろう!」みたいな人、ぜーったいに、断固、嫌だと思っていたの。

 

 

夫と、「急がないし、この件はしばらく寝かせるか」ってなったある日のこと。

 

 

たまたま犬の散歩をしていたら、お隣の奥さん(やっぱり犬連れ)とばったり道で会ったのです。お互い生活パターンが違うから、滅多に逢わないんだけど、我が家より後から犬を迎えたお隣さんには、お薦めの病院だとか、トリマーさんなんかの情報を会うたびによくお伝えしていました。

 

 

ふと、その時、意図もなく私の口から、

 

「あの、外壁塗装とかどうされてますか?うち、今探してるんですけど、良い業者さんに出逢えなくて・・・」

 

と、言葉がこぼれていました。

 

そうしたら驚きです!奥さんから、

 

「家もね、そろそろしなくちゃいけないなって思ってて、実は職場の方の紹介で、今年の夏ごろすることになりそうなの。口コミだけでやってる業者さんでね、人柄と仕事の丁寧さと、塗装で使う素材が家に優しいものだと評判で、人気だから1年待ちが当たり前なんですって!家もまだいつ作業に入るか正確には決まってないの。もし一緒に出来るなら、足場を組むのとか楽になるし、頼んでみる?

 

って。

 

そこからはもう、とんとん拍子!

 

 

現在はその職人さん、1年以上待ちになってるそうですが、お隣さんと一緒ということで夏頃から作業をしていただけることに!しかも、一定額の金額以上は、追加料金なし!という明朗会計!何より、作業をしてくださる職人さんの腰の低さというか、家を大切にしてくれる姿勢!

 

 

私が願っていたことが、そのまま、しかも、ベストなタイミングで叶ったわけです!

 

 

他にもこういうことが最近、矢継ぎ早に頻発していて、タイミングを持ってきて下さる方も嬉しそうだし、受け取る私も嬉しいし・・という、ハッピーのスパイラルが起きていて、そこに「お金」という物質化が起きていないのは明々白々ではありますが、私は今、心の底から自分は豊かなだ~って思っている・・そんな今日この頃です。

 

 

で、思ったんだけど・・・

 

「お金を持つ=豊かさ」って概念は、この先、どんどん薄まっていく気がする。

 

その代わり、

 

「お金で買えないものの方がずっと尊い」

 

って今まで心の底から思っていたけど、「なんだかんだでお金でしょ!」って言われて言い返せなかった人達が、にっこにこで過ごせる世界が、絶対に、絶対に、もうすぐそこまで来ているような気が・・私はしているよ^^

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

 

鬱になると食べ物が呑み込みにくくなるという話

Fujifilm X-T5 with nokton35mm f1.2

 

 今朝、Xを見ていたら流れてきたフォロワーさんの投稿・・・

 

最近気づいたのですが
鬱っぽい時、ご飯って飲み込めないんですよ
食欲わかない
固形物がムリ
うどんすらムリ
美味しい物じゃなくて、飲み込むべき塊
薬みたい
子供の頃に食細くて怒られてて、
発達だからかと思ってましたが
あれ今思えば鬱だったんじゃないかと
感覚まったく一緒なんです

 

このツイートをした主さんの体感覚の素晴らしさに唸りましたね~。しっかりご自身の身体と繋がってるからこその気づきだなー!って。ほんと、すごい!!^^

 

これ、ポリヴェーガル理論の視点からも説明が出来ることなのです。

 

 

うつの状態と言うのは、「頑張らなくちゃ!」「~~しなくちゃ!」と頑張ってきた交感神経が、「もうこれ以上は無理です~!」と振り切った後「では、強制終了&休息しましょうね~!」と立ち上がって来る、副交感神経の中の迷走神経、その中でも、背側迷走神経複合体が発動することで、発症します。

 

この背側モードになると、「ひとりになりたい」、「やすみたい」、が優位となり人や社会と繋がるための迷走神経である腹側迷走神経複合体の働きが弱まります。

 

 

で、この腹側迷走神経複合体が管轄している組織の中に、モノを飲み込む際に重要となる「舌咽神経」があります。声やのどに深くかかわっている神経ですね。

 

 

そのため、うつ症状が出ると、食欲がなくなり、モノが食べにくくなるわけです。あと、声も実際に出しにくくなります。

 

 

上のツイートの方の場合ですと、親御さんから叱られることで、頑張って耐えてきた交感神経が限界となり、背側モードに入ったことで、腹側迷走神経複合体の働きが弱まって、食が細くなっていた・・という風に考えられます。

 

 

発達障害ではないか?と見立てられている方の中にも、実は自律神経を安心・安全に整えてあげるだけで改善していくような症状があるのだと言うこと。

 

そんなことを、一般の方にも分かり易くお伝えする無料講座を明日開催予定なのです。

 

リアルタイム参加は既に締め切っておりますが、講座のアーカイブ講座(有料)は、本日いっぱい受け付けております。

 

公式LINEにご登録後に、「アーカイブ動画希望します」とDMを送ってください^^

詳細をご案内します。

 

 

上記のお値段でのアーカイブ講座のご案内は、本日いっぱいとなります

 

 

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

その人にとっての心の傷は他人からしたら「え?なんで?」ってことが多い

Fujifilm X-T5 with fujinon XF35mm F1.4 R

 

 その人にとっての心の傷って、他の人からしたら、「え?なんで?」ってことも多かったりします。

 

例えば、あなたが姉妹の妹の方だったとしましょう。子どもの頃、お母さんと洋服を買いに行ったとして、姉妹で色違いでお揃いのブラウスを買う時に、お母さんから、

 

「お姉ちゃんはピンクが似合うわよね、でもあなたは、オレンジの方が似合いそう!」

 

と言われたとしたら、どう反応していましたか?

 

「えー!やだ!私だってピンク色が着たい!ピンクー!」

 

と、自己主張が出来る子だったとしたら、今も割とヘルシーな自己愛をお持ちではないかと思います。でも、ここで、

 

っか、私はオレンジか・・・。本当はピンクも好きなんだけど、お母さんがそう言うんだからそうなんだろうな。」

 

と思ってオレンジを着ていた子だとしたら、大人になってからも、こんな場面で心がチクチクしていないでしょうか?

 

 

女友達3人で、一緒にお買い物に行ったとします。可愛い雑貨屋さんで、素敵なポーチを見つけました。色違いで、「黄色」があったので、3人でお揃いにしよう!ということになりました。各々、どの色にする?・・という段階になった時に、

 

リーダー格のAちゃんが言うのです。

 

赤は、絶対にBちゃんだよね~。似合いそう~。〇〇ちゃん(あなた)は、黄色って感じよね~!

 

 

この時、内心赤いポーチがいいな・・と思っていたとしたら、あなたはどうしますか?

 

 

「えー!私も赤がいいー!」

 

 

と、即座に言えれば、Bちゃんとじゃんけんをするか、だったら要~らない~!と可愛くむくれれば、その日はヘルシーな気分で終われます。

 

 

でも、ここで、

 

「そうだね!赤はやっぱりBちゃんだよね~!」

 

なんて言って黄色を買おうもんなら、かねてより抱えて来た未だ消えない心の傷がますます強化されてしまうのです。そして、何ら悪気のなかったAちゃんに対して、何故かうっすらと恨みを抱いていくことに・・・。その恨みは、少しずつ、少しずつ溜まっていき、ある時、全く予想もしなかったことで爆発して、大切な関係を、自ら終わらせたりしてしまうのです。

 

 

このパターン・・・思い当たる方、いませんか?^^;

 

 

根っこにある感情は、「私のことを分かってもらえてなくて、哀しい、悔しい」です。

 

 

お母さんも、Aちゃんも、配役としては、

 

「あなたのことが好きで、よく見ていて、理解している人」

 

として人生に登場しました。実際のところ、あなたをよく見ているからこそ、

 

「黄色が似合うし、オレンジが似合う」

 

と心から思ってるのかも知れない。

でも、あなたは人が何と言おうと、「赤やピンク」が好きだったのです。

その気持ちを正直に言って良かったし、欲しいものが得られないなら、他のものは必要ないと言っても良かった。

 

これが上手く出来ないために、沢山辛い思いをしてきたのではありませんか?

 

恨まなくても良かった人を、「自分を分かってくれない、自分を惨めな想いにする人」として、なぜだか切り捨ててきたのではありませんか?

 

 

ほんのちょっぴり、勇気を出して、

 

「私も本当は赤が好き!」

 

をどうぞ言ってみて~!^^手に入らない時は、「だったら要らない」でいいんだよ~^^

 

 

言えなかったモヤモヤが溜まってどうしようもない時には、私がお話を聴きますからね^^

https://form.run/@letter-to-miu

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

 

 

 

 

富士フイルム X-T5で撮るカフェ写真

Fujifilm X-T5 with fujinonXF35mmF1.4 R

 

 カメラをフジフイルムに変えてから8ヶ月、撮る度に本当に映えるな~と思っている被写体のひとつが、大好きなカフェ写真なのです。

 

ちなみに今回撮影させていただいたカフェはこちら・・

 

takahashisyoten.wixsite.com

 

Fujifilm X-T5 with fujinonXF35mmF1.4 R

 

 ナチュラル系でも、フュージョン系のカフェでも、アメリカンテイストでも、北欧テイストのカフェでも・・・本当にそのカフェの空気感を魅力的に描写してくれるな~と、感心してしまいます。

 

 

Fujifilm X-T5 with fujinonXF35mmF1.4 R

 

素材をそのまま生かしたフードは、どこか懐かしい印象に切り撮ってみたり・・・

 

さつま芋チップス、一枚ずつ掴めそうでしょ?(*'▽')

Fujifilm X-T5 with fujinonXF35mmF1.4 R

 

 店内の風景も柔らかく温かみを残しつつ、でも、精細な部分もしっかり写す。

 

この立体感がね・・もう、他のカメラとレンズ使えなくなるもの。初めてCONTAX ariaにZeissのレンズをつけて撮影した時の感動を、何故か思い出す。

 

 

 

 

XF35mmF1.4 Rのレンズの力も大きいのだと思いますが、毎回撮っててうっとりする画が出て来てくれるなあ・・・って、感動します。

 

フォーカス音が大きいとか、AFが遅いとかさ、もう、どう~でも良くない?^^

 

Fujifilm X-T5 with fujinonXF35mmF1.4 R

 

写真を見ながら、このお茶碗を触っていた時の質感とか思い出せるのってすごい!

 

これね、動画にしちゃうと、不思議と質感とかって、思い出せないのよね。なんでだろうね?

 

Fujifilm X-T5 with fujinonXF35mmF1.4 R

 

 

 

 

 

これからも、Fujifilmのカメラで大好きなカフェ写真を撮っていきたいな♪

 

 

 

☆春のフォトレッスン受付中です♪
↓  ↓  ↓

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

 

本当に咲いてました!

地元の駅前の桜を駅のホームから撮影

 

 今朝UPしたブログの中で、「桜が咲くんじゃないか?」と書いたけれど・・・

 

 

hanahiroinoniwa.hatenablog.com

 

 

本当に咲いてました!!もう、驚きを通り越して、もはやギョッとしましたよ。
だってここは、静岡や熱海じゃなくて、東京の西の外れですよ?^^;

 

気になって調べてみたら、昨年、同じ木の桜が満開になったのは3月12日。
そう・・・つまり、約1ヶ月早いということになるんですよね・・。

 

季節の変化というのは、ご存知の通り、地球の地軸の傾きによって生じている現象ですが、氷河の溶解や地下水の汲み上げ等により、地球のバランスが少しずつ変化しているといいます。特に2021年以降はそれが加速しているのだとか・・。

 

 

 もう十数年に渡って花を撮ってきましたが、何となくね、野の花の美しさが以前の様相とは違ってきているのを感じています。秋の紅葉もそう。元気がないっていうのかな。色が褪せてきているようにも感じています。

 

 間もなく本格的な花のシーズンの幕開けですが、注意深くフィールドワークをしながら、些細な変化も掬って感じていきたいと思っています。

 

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

(再)19日に開催する講座についてお知らせします

Fujifilm X-T5 with fujinonXF35mmF1.4 R

 

 昨日の東京は、桜が咲くんじゃないか?というくらいのポカポカ陽気でしたが、今日はさらに気温が上がり、4月下旬並みになるんだとか・・・

 

寒くないのは、ありがたいことではあるのですが、まだ2月半ばだということを思うとね・・^^;やっぱり普通じゃない、異常だなって思うんですよね・・今の季節のスピード感は。この分だと4月の末には、当たり前のように真夏日があっても不思議じゃない。この流れ・・・打つ手なしなんだろうか・・・。最近、そんなことを真剣に考えているのですが、如何せん、小さな個がどう足掻いたところでって感じで。涙

 

最終的に行き着くのは、「今日を本当に、心から慈しんで、大切に生きよう」・・・ってなる。

 

 

 

 お問い合わせをちらほら頂くので、19日に開催する上記の講座について、再掲したいと思います。

 

リアルタイムでの参加は、定員に達しましたので、締め切りました。

 

ですが、後日のアーカイブ配信(有料)のみ、現在は受け付けしています。

 

花拾いの庭公式LINEにご登録いただいた後、メッセージから「19日の講座のアーカイブ配信を希望します」と送ってください。お振込み口座のご案内など詳細をお送りします。

 

 

なお、アーカイブ動画1,100円でのご提供は、今回お申込みいただいた方のみとさせてください。以降は3,300円でのご提供となります。

 

 

それから、「私でも理解できる内容でしょうか?」というお問い合わせを数件いただきました。

 

これね、お気持ち、すごーーーーっく分かります!

 

特に、心理系の「~~~~理論」とか呼ばれているものって、「で、結局それって美味しいの?!」、「実生活で、どう役に立つの?!」って思いませんか?

 

 

私は、思ってたなあ・・・^^;

 

数年前、50歳を前に編入した2度目の大学生活では、心理学を専攻しました。自分の課題で論文を書くために、偉い先生の書いた論文を死ぬほど読みました。

 

で、読みながらいつも思ってた。「これ、今、本当に悩んでいる人に、どう役に立つわけ?」って。その教授や博士や、研究がどんだけ凄くて、どんだけ革新的かは知らんけど、「それ、今、本当に困ってる人を救うためには、どう用いていけばいいわけ?」って。

 

 

事件は学会で起きてるんじゃない!
現場で起きてるんだ!

 

 

ですよ!

 

これはわたし自身が愛着の当事者だったというのもあるんですが、今、目の前のことに足掻いてる人にとっては、理論とか、エビデンスとか、もはや、どーーーーでもいいの!

 

世紀の大発見だって、本当に必要な人が受け取れなければ

所詮はファンタジーですから!

 

って思いながら、いろんな論文を読んでた。(笑)

 

だから、大事なことが自由に伝えられなくなるんだったら、肩書なんて邪魔なだけ!
ただ、その「~~~~理論」が、本当に素晴らしいものだと心底思った時には、今、困ってる人が、少しでも具体的に楽になるように、可能な限り、咀嚼して伝えたい!

 

って、その時から思ってた。

 

19日にお話しできる内容にするために、なんだかんだで、3年という学びの年月がかかりました。わたし自身が咀嚼するのに、それだけの時間がかかったんですね。

だけど、それで充分か?と言われるとまだまだな気もする・・・。

 

 

この講座を通しての私の願いは、その人が自分自身の専門家になっていけること。

 

自己理解と自己共感のベースが生まれれば、それは他者理解・共感、社会理解・共感へと必ず繋がっていくと思うから。

 

 

◆よく副交感神経を優位にしましょうって耳にするけど、その副交感神経ってどの副交感神経のこと?

 

◆タッチセラピーや、ヒーリング等、目に見えないセラピーを行ってる方にとっては、なぜ自分の施術が効果的なのか、科学的根拠と自分がやっているセラピーへの自信をお届けできると思います

 

◆ボデイワークや整体をされている方にとっては、クライエントさんの姿勢が、何を語っているのか?言葉ではなく、身体の声を聴く明確な視点を。

 

◆そして、生きづらさを抱える当事者の方にとっては、今日まで共に生きて来てくれた身体への感謝の視点を。

 

誰にとっても、決して無関係ではないお話。

 

目に見えない世界と科学という視点とを融合する一歩となる時間となったら幸いです。

 

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

 

 

やっぱりX100Vは最高の旅カメラでした!

Fujifilm X100V

 

 この連休は、生まれて初めて日光~湯西川温泉を旅してきました。今回はペットも一緒に泊まれる温泉宿だったのでベルも一緒です。

 

Fujifilm X100V

 

 連休初日ということ、新月、辰年、コロナ明け、お天気最高!ということもあってか、日光は大賑わい。雪への懸念があったので電車&バス移動でしたが、凄まじい混みようで・・^^;夫がベルを背負っていたのですが、辛そうでした。写真は、東照宮の入り口でようやくキャリーから開放されたベルです。表情はケロっとしています。動じない。いい子に出来たね。偉かったぞ~!^^

 

言わざる聞かざる見ざる

これ・・!これが、あの有名なお猿さんたちなのね。

 

眠り猫の門を潜り奥宮へ

有名な杉の木

 叶杉の前で、お参りもしました。

 

 

 

それにしても、豪華絢爛の社殿だわあ・・・。江戸時代にこんな造形美を生み出せる宮大工さんたち(って言うかアーテイストよね)を尊敬・・・。

 

 

写真は撮れなかったけど、天井の鳴き龍さんの音色もしっかり聴くことができました。もう360度龍だらけの東照宮。計ったわけではないけれど、このタイミングで行くことが出来て、本当にありがたかったです。

 

 

 

 夜は日光へは泊まらず、ちょっとした秘境、平家の落人の里としても知られている、湯西川温泉へ。

 

トンネルを抜けると・・そこは雪国だった!って、東北だけじゃなかったのね!と驚きでした。ここなら身をひそめるのにはぴったりだったと思います。でも、電気もガスもなかった時代には、辛い逃避行だっただろうなあ・・。

 

赤間神宮分社

 

平家をお祀りしていることで知られる赤間神宮。

まさか、関東の分社はここだけとは知らなかったですが、我が家、実は昨年12月の北九州旅行の際、山口県の本家の赤間神宮もお参りしているのです。

 

半年も経っていないのに、平家に縁のある神社に再び詣でることになるなんて・・・。夫も「なんだか不思議なご縁だよね」と言っていました。これは、全く予想外のことでした。

 

 

ペット同伴で泊まれる旅館のお部屋からの景色

 

 宿泊した温泉旅館のサービスが、予想以上に素晴らしくて!
我が家は軽井沢にも1軒ペット同伴の定宿があるのですが、ここも早くも定宿決定です!ここの若女将がね・・・彼女は何も言わなかったけれど、恐らく・・恐らくですよ?視える人なんじゃないかと思うんです。話してて、そんな感じがしました。その場では訊かなかったけど。周りの目もあったし。

実は、東京に戻るやいなや、彼女のアドバイスのお陰で、ベルにとってある生活環境を改善することになったのですが、そのことがもう、ちょっとここでは言えないんですけど、すごいことで!視えてるからこそ、その言葉になったのよね・・って。

お互いに、「気づいてること、気づかれてること」を言わないままに、エネルギーで会話をして情報交換出来た感じがしました。本当に感謝でした。このお宿に泊まったことも、導きだったなあ・・・と思っています。

 

 

Fujifilm X100V

 

 で、今日のブログのタイトルについても最後に・・・

 

ここ最近は、旅行と言えばもうFujifilmのX100Vだけを持って行くのが定番になりました。

 

↓相変わらず、お値段がおかしなことになってるけど^^;

 

レンズフィルターには、こちら・・・

 

 

 

写真はシルバーだけど、私はブラックを使っています。

 

付属の純正の蓋がそのまま使えるので、純正の出っ張ったフィルターより私はNiSiのこのシリーズが好き。ほぼ付けっぱなしです。35mm画角でのスナップ写真は、気を抜くとどうしてもごちゃごちゃするか、逆に単調になりやすいので、ブラックミストフィルターは、シネマテイックな画作りには欠かせません。

 

旅行においては、軽さが正義なのと、X100VはNDフィルターが内蔵されているので、今回のような雪景色で、晴天で太陽ギラギラな環境でも怖くないのが本当にありがたいです!密かにドラえもんカメラと呼んでます。(笑)←必要なものが全て内蔵されてるってことで!

 

 

 

内蔵のNDフィルターを使うと、F2まで開放しても、これまたすごくきれいなアイスブルーを吐き出してくれるんですよね~。それでいて、繊細な解像。

 

 

ただでさえ、荷物の取捨選択を迫られるのが旅行。ほんと、これ一台あればスチールは十分です。^^

 

 

どうやら2月20日にX100Vの後継機の発表があると噂されています。まあ、私は買わないけど(笑)、どんな仕様になるのかはファンとしてはすごく楽しみです!

 

 

そして、これを機に、ある程度の旧機種ユーザーの方が、新機種に乗り換えるとなると、X100Vがいよいよ本格的に中古で出回り始めるということ!

 

 

ずっと欲しかったけど、お値段が高騰したりで、購入に二の足を踏んでいた方にとっては、使用頻度の浅めの良質な中古に出逢えるチャンスではないでしょうか?!^^

 

 

今月はCP+もありますし、カメラ好きの方にとってはお祭り気分も盛り上がることと思います。春に向けて、あなたが撮影の良き相棒に巡り合えますように!

 

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内

 

うつ病の回復期の見極めが大切だと言われている理由

Fujifilm X-T5 with fujinonXF35mmF1.4 R

 

 厚生労働省の調査によれば、うつ病の再発率というのは60%だと言われています。ただ、この数字は1回目の再発率で、2回目は70%、3回目になると再発率は90%にまで昇ると言われています。

 

 心の学びを始める前は、もっと言うと、自律神経系の仕組みを理解する前までは、どうしてなんだろう?とずっと思っていました。

 

それこそ、やはり患者さんの性格に依拠する部分が多いのかもなあ・・と、理解するより他なかったのでした。

 

 ところが、ポリヴェーガル理論を学ぶことで、一度自律神経系の視点から、患者さんに起きていることを見られるようになってくると、表面的には「職場復帰しても問題ないだろう」という状態を呈しているにも関わらず、自律神経系的には、「あ、それってまだまだまだ、ぜんぜん社会に戻っちゃいけない!今、戻ったら、またすぐに逆戻りしちゃう!」という状態が見えるようになりました。

 

 

 ひとつ例をあげると、よく言われる「うつの回復期のリスク」問題です。

 

 

 医師からの診断書が出た後、3か月ほど、安心・安全の環境の中で、上質な休息が守られた、心理発達が成人期に達している大人というのは、多くの方が「もう、大丈夫。職場復帰できる気がする・・」と心身ともに思い始めます。

 

休息を促す背側迷走神経複合体がの働きが満たされ、外へ動き出したい!という交感神経のスイッチが自然と入り始めるからです。

 

でも、ここであなたがもし、「もうこれ以上、皆に迷惑をかけられないし、前と同じペースで働くぞ~!」と思ってしまっているとしたら要注意なのです。

 

 

 実はうつ病療養の真っ最中というのは、憂鬱感や倦怠感こそありますが、肉体からの「疲労」というものは、感じにくくなっています。ここ、すごく見極めが難しいところだと思います。

 

 

だるい気がする・・

鬱々としている・・

身体が重たい・・

 

 

これ、肉体と言うよりは、むしろ、脳の反応なのです。
療養をすることで、これらは和らいできますが、いざ職場復帰して目のあたりにするのは、生身の肉体の「疲労」です。

 

長距離電車で通勤されている方が、途中の駅で運よく席が空いて座れると、どんなに健康で元気な人でも、身体が緩んで「疲れたーー!」「座れたーー!」って全身に疲労感を受け止めることがありますよね?

 

社会で人と関わるって、うつ病の人、健康な人に関わらず、「疲労感」を伴うことなのです。健康な時には、その「疲労感」が、「今日も頑張ったなー!」と満足感として体感できることもありますが、その「疲労感」に抗って、抗って、それが限界に達してうつを発症した方にとっては、久しぶりの出社で味わう人間関係から来る肉体の「疲労感」を受け止めるだけの耐久力は、まだ回復していません。

 

 

そのため、1日出社した段階で、みんなが優しくしてくれているのに、へとへとになっている自分に「やっぱり、自分は駄目なんだ!」と思い込んで、翌日から再び自宅療養になる・・というケースも多いと聞いています。

 

 

長期休職をしてしまった方にとっては、一日も早く復帰しなければと焦る気持ちはよく分かるのですが、回復期のゴール設定のプロセスは、思った以上に細かく設定する必要があることが、自分の自律神経について学べば学ぶほど、理解できてくると思います。

 

 

 そして、忘れてならないのは、「疲労感」というのは、回復のプロセスの中では重要な体感だということ。ここの通過なしには、回復の道を歩めないのです。逆に、ヘルシーな「疲労感」を感じられれば、うつ病からかなり回復した証拠ということになります。

 

再発率が下がらない一番の理由は、この「疲労感」へのケアが不足しているか、もしくは、そこへの周囲の知識や理解が不足しているからではないか?と推察します。

 

 

この「疲労感」の見極めを、しっかりしてくださる、精神科医、心理士・心理師、心理カウンセラー・セラピストさんと共に、歩めると良いですね。

 

 

きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。

リアル参加は定員に達したため、締め切りました。
アーカイブ配信をご希望の方のみ受け付けています。公式LINEよりお問い合わせください。





 

 

 

写真家・認定心理士,産業カウンセラー
さとうみゆき

 

 

 

今年から花拾いの庭公式LINEができました!

友だち追加 

 

ご登録の方には、たったの3分ほどで、副交感神経(腹側迷走神経系を活性化)をリラックスさせ、サバイバルモードから抜ける動きをレクチャーした動画を自動でプレゼントしております。

 

傾聴・カウンセリングお申込みフォーム
(40分 3,300円)

 

hanahiroinoniwa.com

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  
写真家 さとうみゆき公式HP

 

miusato.com

 

 

Harmonic Photo Lessonベーシックのご案内

Harmonic Photo Lesson(アドバンス)のご案内