わたし歩記-あるき-

心と向き合う写真家の学びの記録*

リベンジ・ドッグラン

f:id:miyuki_sato:20211010085109j:plain

 

 昨日はベルを連れて、昭島にある小ぢんまりした無料のドッグランに行ってきました。

 

 実は先週、夫がひとり昭和記念公園のドッグランにベルを連れていったのです。前回、必要な書類を忘れて中に入れなかったのがよほど悔しかったのでしょう。わたしは生憎その日は1日講座が入っていたため外出できませんでした。

 

hanahiroinoniwa.hatenablog.com

 

「ねえ、ひとりで大丈夫?」

 

と訊くと、

 

「大丈夫に決まってるじゃん!」

 

と、自信満々です。

 

まるで「俺だって、ひとりで娘をディズニーランドくらい連れていけるぜ!」的な父親よろしく出かけて行ったのでした。ところがです!出かけて1時間過ぎたか過ぎない内に家に戻ってきてしまったではないですか!

 

「どうしたの?何かあった?」と、講座中のパソコン画面からちらと視線を外して声をかけると曰く、ドッグランに入ってベルのリードを外して直ぐ、割とサイズが大き目なワンコから後ろ足で不意の一撃を食らったそうなのです。その後はもう怖くなってしまったのか、園内の洗い場の倉庫裏に隠れてしまい出て来なくなってしまったと言うのです。(写真↓:夫撮影)

 

f:id:miyuki_sato:20211010090558j:plain

怖がって隠れて出てこないベル

 

「あなたがついていながら、一体何をやってるのよーーー!!!!(怒)」

 

と、講座中にも関わらず(音声も画像もミュートで良かったよ^^;)、大絶叫です。

 

 

これはなるべく早い段階で、ドッグランへの恐怖を解いてあげなければ、せっかく積み上げてきた「社会化」のステップが台無しです。というわけで、場所を替えての昨日は”リベンジドッグラン”となった・・・というわけです。

 

 

f:id:miyuki_sato:20211010090943j:plain

 

入園すると、中には既に4頭ほどの小型犬が遊んでいました。おそるおそるベルを中に放ちます。すると、続々とベルに興味を持ったワンコたちがあいさつにやってきてくれました。

 

 

f:id:miyuki_sato:20211010091106j:plain

 

幸い、どの子も穏やかな気性のようで、適度な距離感を保って接してくれています。飼い主さんもどこか「ほわん」とした方が多くて、特別に話し込むというわけではないですが、その場に一緒に居て”ニコニコ”し合う感じ。

 

 

f:id:miyuki_sato:20211010091254j:plain

一緒にあそぼ♪

サイズ感も同じくらいのチワワくんと仲良しになれました。一緒に探索行動に出たりして、なんだかいい感じ^^。

 

f:id:miyuki_sato:20211010091706j:plain

ニコニコ

ドッグランに慣れたのか、15分を過ぎた頃には、ひとりでニコニコしながら歩き回れるようになりました。

 

 

f:id:miyuki_sato:20211010091800j:plain

 

砂の感触もとっても気に入ったみたい。

 

 

f:id:miyuki_sato:20211010091842j:plain

 

寝そべってリラックス♪

 

 

f:id:miyuki_sato:20211010091920j:plain

 

これでもう1回、昭和記念公園のドッグランに連れて行って様子をみたいと思います。

 

 

犬も人間も、「安心安全」環境の下での「社会化」は大事ですね。^^

 

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^
さとうみゆき

 

 

 

 

写真を眺めてほっと一息^^  

miusato.com