わたし歩記-あるき-

心と向き合う写真家の学びの記録*

花拾い句会如月・振り返りシェア会開催しました

f:id:miyuki_sato:20220307201443j:plain

 

 先月メンバーを募集し、細々とスタートした、わたしが主宰するオンライン句会『花拾い句会』ですが、2月の投句の振り返りシェア会を本日開催しました。初めてのシェア会ということで、メンバーさん揃うかなあ?と懸念していましたが、嬉しいことになんと全員出席での開催となりました。^^
 

 

 シェア会では、選句された句だけでなく、自分が投句したすべての句に対して、句を詠んだ時の状況や心境、その時に感じていた気持ちなどを、自由に、気ままに話してもらうスタイルをとっています。その物語を、作者以外のメンバーはじっと耳を傾けて聴きます。

 

 オンライン句会では、選句の段階で、その句が「いいな」と思った理由を、コメントとして書き込めるようになっているのですが、その内容と作者の意図が同じ場合もあるし、まったく想定外である場合も多々あります。

 

 それが「良い、悪い」ではなく、詠み手の想いに、好奇心と共感と思いやりを持って寄り添いながら、人と自分の視点の違いを「安心・安全」の場で楽しむ・・・。参加してくださった方にとって、そんな空間、時間となってくれていたら良いなあ・・と祈りながら今日のシェア会を終えました。

 

 句会の後、参加者様からのメッセージでこんな感想を頂きました。

 

とても楽しく舞い上がってしまい、後から別の筋肉使ったような疲労感に襲われちゃいました

 

 

 そうなんです・・・。俳句の意図のシェアって、想像以上に楽しいのです。普段の生活で、じっくり落ち着いて自分が観たもの、感じたことについて話す機会と言うのは、実は早々多くはありません。あったとしても、それは余程親密な人間関係の場においてだけではないでしょうか?でも、句会という場では、それが案外簡単に、平常心で出来てしまうのですね。ただその分、気づかない内に、自分でも見て見ぬふりをしていた感情の揺れが大きくて、ニュートラルな状態に戻るまで、軽い揺り戻しが来たりします。それがコメントにもある、「後から別の筋肉を使ったような疲労感」なのです。^^

 

 

 もしかすると、数日(個人差はありますが)、自分でも捉えどころのない感覚を感じて心の中が居心地悪かったりするかも知れませんが、心配することはありません。あまり深く気に留めず、静観している内に収まってきますので安心してくださいね。

 

 

 3月の投句も既に始まっています。セラピー要素多めの句会ですが、「面白そう!」とピンと来た方は、ご一緒しませんか♪^^ご連絡お待ちしています。

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^
さとうみゆき

 

 


ただいま、夏雲システムを使った
オンライン俳句
「花拾い句会」のメンバー募集中です♪ 
俳句を始めたばかりの方が多い、
ゆる~い句会です♪

参加希望の方は、下記のフォームから、
ご希望の俳号をお知らせください^^
追って、ログイン用のパスワードを
ご案内致します。
 

form.run

 

愛着に傷つきを持つ方のピアグループ
ありおりカフェ、
繊細な方のための読書会、
句会等の開催のご案内はこちらから・・。

 

hanahiroinoniwa.com

 

写真を眺めてほっと一息^^  

 

miusato.com